0 と 1 の世界の見習い探検家

カテゴリ: 散歩・地図日誌

先日の6月27日の散策の記事の続きです。
本日は大久保地区。

津田沼・鷺沼台~幕張本郷(梅林園経由) (2017/7/2(日) 午後 8:14)
https://blogs.yahoo.co.jp/a32kita/15286388.html

イメージ 1

先日幕張本郷近くで、「都市計画道路3・4・11号大久保鷺沼線」の工事現場の写真を紹介しました。
あのあと、ちょっと寄り道をしながら、この道路のもう少し大久保よりの部分へ行きました。

というわけで本日は幕張本郷~実籾区間。

イメージ 2

幕張本郷近く(住所的には習志野市の花咲)の住宅街を越え、一度千葉市へ。
その後、また習志野市に戻り、屋敷地区を抜けました。

イメージ 3

屋敷地区は隣の大久保地区同様、高低差があるため、住宅街も入り組んでおります。
階段を上がっている時、猫に遭遇しました。
The野良猫という泥だらけの見た目をしたその猫は階段でちょっと上がっては僕のほうを振り向き、まるで道案内をしているかのよう。
ということでしばらく付いていきました。

民家の敷地に入ってしまった猫に別れを告げ、大久保鷺沼線の供用開始済み区間へ向かいました。

イメージ 4

住宅街を出て現れたのは、中央公園横の陸橋部分。
大久保を名乗るだけあって、地区はすり鉢状の地形をしており、都市計画道路をここに通すにあたって陸橋という手段をとったようです。

イメージ 5

あえて陸橋を通らずに横の階段から下へ降りました。
真新しい階段は、高齢者にも優しい勾配です。
陸橋の下はどうなっているのだろうと気になったのですが、現在は草が生えているだけの空き地になってました。

そして天邪鬼なぼくはそのまま中央公園の横から再び大久保鷺沼線へ上がっていきました。
道路を横断し、再び大久保の窪地へ。
その途中、陸橋横に佇む団地の建物を見かけました。

イメージ 6

人気(ひとけ)があるようには思えません。
外装はかなり古びており、かなり年数が経っているような風貌です。

通常、団地と言いますと、同じような建物が何棟か立っておりますが、この建物は一棟だけ。
恐らくもう何棟か並んでいたのを大久保鷺沼線の陸橋を作る際に取り壊したのでしょうね。
なんで1棟だけ残してるんだろ。。

イメージ 7

大久保の閑静な住宅街の中を歩き、児童公園へ。
平日の中途半端な時間帯だったせいか、周囲には誰もいません。

公園横の階段を上がっている時、フェンスの下から気になるものが顔を出していました。

イメージ 8

一瞬うちにもいるトラデスカンチアかな?
と思ったんですが、違うのかなぁ。。
でも近い品種であることは間違いないと思います。

外でも越冬できるんですね。
知りませんでした。


次回は実籾、新栄、東習志野地区です。

では。




高津地区から緑ヶ丘の再開発地区まで散策してまいりました。
目的は、通称「幕張千葉NT線」「幕張筑波道路」の八千代市内区間にあたる八千代西部線の計画地めぐりです。

緑ヶ丘の奥のほうはすでに区画整理と道路整備は半分ほど完了しており、「はぐみの杜」という名前でオシャレな街になり始めています。
成田・酒々井の「公津の杜」、習志野市津田沼地区の「奏の杜」、、最近は「~の杜」という名前が流行っているのでしょうか。
つまりインプレスさんの「窓の杜」は時代を先取りした命名だったということに(

閑話休題。

周ったのは記事上部のマップの赤いラインのルートです。
なかなかたくさんの収穫があったので、今回はその第1段として、高津地区~新木戸地区の部分について取り上げます。


イメージ 1

早速ですがここは陸上自衛隊習志野駐屯地の演習場の裏です。
誰かが演習場内に入ってきてしまうと危険、ということで、演習場の周りはフェンスで囲まれております。
フェンスに沿って防草シートを敷いているところもありました。
警備装置の類のものが設置されているのでしょうか。


イメージ 2

気になったのはここ。
側溝の様子などからして、一応公道扱いなのですが、住宅の玄関口が接続しているわけでもないのにここだけちょろっと道路が伸びています。

奥に見えるのは演習場の仕切り。
有事の際、周辺住民が場内に避難できるようにするためのモノというふうに見ることも出来るのでしょうが、演習場のフェンスに人が入れるようにするための入り口のようなものは見当たりません。
火災などの際に消防がここから放水できるようにしている、という考え方もできるかもしれませんが、消防活動を想定しているにしては少し狭すぎるようにも思えます。

恐らく、将来演習場が移転ないしは縮小し、土地が市に払い下げられたときに道路が引けるようにしているのでは、と考えました。

そして演習場沿いにちょっと歩いたところ。

イメージ 3

境界杭です。
「防衛」とまで見えるのですが、そこから下はコンクリートに埋まってしまって見えません。

古さからすると、ひょっとしたら「防衛省」ではなく「防衛庁」という表記になっているかもしれませんね。

そして不思議な鳴き声がしたので、フェンス越しに演習場内を覗いたら

イメージ 4

わかりますでしょうか。
鳩やカラスよりも二回りほど大きい鳥が歩いてました。

演習場内はフェンスで囲まれ、場内は自然で溢れています。
動物を放し飼いにするにはちょうど良いのかな。

続いて演習場の敷地に沿って新木戸方面に向かっていくと、高津の三叉路から来た道路とぶつかります。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

ここから若干、道幅が広がります。
更に新木戸方面に向かうと怪しい場所が。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

道に沿って団地の建物が並んでいるのですが、やや建物が奥まっております。
そして、電柱も。
2枚めの写真では、よく見ると左側にもスペースに余裕があることがわかります。

もしかすると、将来片側2車線の道路を引くための予約地なのでしょうか。
役所の資料もともに作成した八千代西部線の位置ともなんとなく合致している気がします。
(最上部の地図の緑色のライン)


さてさて、これで新木戸に到達したことになりますが。
ここから県道57号線に入り、坪井町を抜けていきます。
それは次回以降の記事で。

一部妄想込みの見立ても含まれておりましたが、八千代市は演習場が無くなった後のことも想定しながら道路づくりをしているということは実際に観てみて感じました。

余談ですが。
知り合いの陸上自衛隊好きからこんな話を聞きました。

「空挺団のいる習志野の基地には、実は作戦に使えるほどのヘリや飛行機は存在しない。」
「実際の機材はすべて木更津の駐屯地にいる。」
「首都圏に少しでも近い場所に、という発想は正しいが機材が木更津にいる限り、習志野に空挺団を置いておく必要は無いのでは」

もしかすると、防衛省も将来的に習志野の部隊を移転する構想をしているのかもしれません。
習志野市だけでなく、八千代市、船橋市の結構な範囲も昔は「習志野」と呼ばれていたわけですが、その由来は習志野の基地と深く関わっております。
空挺団がエリート集団ということももちろんあるのでしょうが、そういった理由から習志野駐屯地が地元にあるということに誇りを持っている住民は少なくないはず。

八千代西部線を含む幕張千葉NT道路構想は、地元住民にとっても実現すればとても便利なものになるでしょう。
ですが、この計画が演習場の場所に道路を通すこと前提であることには、同じく習志野という地名に誇りを持っている人間としてやや葛藤を覚えます。

悩ましいですね。

イメージ 1


本日のお散歩コースです。
赤のラインが歩いた場所、太い緑のラインが八千代市や県などが構想中の通称「幕張筑波道路」。
正式名称じゃなくてとあるサイトさんからお借りした名前ですが、現在も実現に向けて計画中であることは、昨月公開の八千代市の都市計画資料で確認済みです。


イメージ 2

万歩計の歩数にしておよそ21000歩。
実際は自宅から駐屯地官舎横までの道のりもあるので、これ以上かなぁと。
結構な距離を歩いた気がします。

明日、周った各地点について写真付きでまとめます。

06月27日のお散歩の記録です。
津田沼→幕張本郷→屋敷地区→大久保地区→実籾・新栄地区のお散歩の記録のうち、第1段になる津田沼→幕張本郷地区について取り上げます。

今度掲載する予定の実籾、長作地区散策時の記事とタイミングが前後しますが、ご容赦を(


イメージ 1

今回の紹介区間は上図のとおり。
今回はあえてメジャーな交通量の多い道路は避け、歩きでしか入れないような場所を選んでおります。


イメージ 2

まずはハミングロード。
こちらは以前別の記事でも地図上での様子について紹介しました。

【地図記録】旧日本軍鉄道連隊演習線? (2016/2/21(日) 午後 5:52)
https://blogs.yahoo.co.jp/a32kita/13999301.html


イメージ 3

津田沼駅からJR総武線で幕張本郷方面へ少し進んだ場所です。
津田沼駅前に千葉工業大学があり、そこが基地だったことを考えると、この辺りまでは総武線と同じ区間を辿り、ここから分岐して花見川区作新台へと向かっていったようです。

イメージ 4

イメージ 5


この記事にもありましたとおり、現在の千葉工業大学の位置に日本軍の鉄道連隊の基地があった時代の線路跡となっております。
地図で見るとなめらかな鉄道曲線がくっきりと現れておりますが、実際に歩いていみると、言われなければ線路跡とは気づけ無いような雰囲気です。



イメージ 6

ここから道幅の割に交通量の多い抜け道を歩きまして、今度は梅林園横へ。

イメージ 7

拡張予定地の道路用地はすでに確保してあり、区間ごとに時期を分けて工事を徐々に進めている状態です。

イメージ 8

イメージ 9

これなんと読むかわかりますか?
正解は「函渠(かんきょ)」です。
道路工事の看板ってあまり見かけない単語の上にあまり日常で目にしない単語を使ってたりするので、慣れていない方にはやや難読熟語のオンパレード(?)

イメージ 10

道路計画図もゲット。
恐らく習志野市のホームページを見れば、もっと分かりやすい形で載っているので、後日別途こちらも記事に致します。

そして今度は工事が進んでいる区間へ。。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

まだレーンは引かれていないものの、縁石から街路樹に至るまですでに整備済みです。
車が入れないようにガードレールで一時的に塞いでます。

イメージ 14

イメージ 15

大久保から梅林園へ向かう道路なのですが、陸橋にでもするつもりなのでしょうか。
そうなると、どうやって梅林園近くで幕張本郷から来た道路と接続するのでしょうね。
これはこれで楽しみです。


イメージ 16

最後に千葉市幕張本郷側から梅林園を望む画像。
手前右側は恐らく道路拡張のために用地確保したのでしょう。

現状は千葉市側の区間は中央線が引かれる広さの車道、自転車も乗り入れができる広さの歩道という形で立派な道路になっていますが、市境でぶっつり規格が変わってしまっております。


最終型の完成は何年後になることやら。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


県道262号線の拡幅に伴う武石町付近の新区間が開通しました。

さすがにGoogleマップではまだ新区間開通に伴うマップ情報の更新は確認されていません。
新区間は片側2車線の4車線区間構成になっていますが、手前の田所商店、なりたけ前の部分の車線引き直しが完了していないためか、現在は1車線分を封鎖して片側1車線区間として供用されています。

後日改めて写真を撮りに行こうと思います。

このページのトップヘ